花燃ゆまちあるきマップ

花燃ゆ まちあるきマップ

花燃ゆ 舞台を知る

楫取素彦という人物1
【松陰との絆】

初代群馬県令をつとめた楫取素彦(かとりもとひこ)は、文政十二年(1829)年、長州(山口県)萩の藩医である松島家の次男として生まれ、12歳で藩校明倫館の儒者・小田村吉平の養子となりました。通称は伊之助で、長州の藩校明倫館で教えるとともに、吉田松陰とは互いに尊敬しあう間柄で、松陰が安政の大獄で江戸に送られた際、松下村塾のすべてを任され「松門の柱石・小田村伊之助」と讃えられました。 尊皇攘夷運動などへの幕府からの追求を逃れるため、藩命により慶応三年(1867)年に「楫取」と改名しました。「楫(かじ)を取る」としたのは、先祖が水軍であったことに因みます。また、一説には「お前は国の楫を取る人間になれ」との長州藩主・毛利敬親の意思も含まれていたといわれています。こうして楫取は、幕末維新の国事に藩主・毛利敬親の懐刀として東奔西走しました。