大河ドラマ真田丸まちあるきマップ

大河ドラマ 真田丸

登場人物

真田家

  • 戦国武将

    真田信繁(通称・幸村)

    堺 雅人

    「日の本一の兵」とも讃えられた、戦国時代を代表する武将。若き日々を秀吉の人質として過ごし、豊臣家の栄枯盛衰を目の当たりにする。関ヶ原の戦いでは西軍につき、高野山に幽閉。大坂の陣では、真田丸と呼ばれる砦(とりで)を作り、淀と秀頼を守って奮戦する。

  • 信繁の父

    真田 昌幸

    草刈 正雄

    信繁の偉大な父。知略軍略に優れ、豊臣秀吉に、油断ならない「表裏比興の者」と言わしめた天才武将。

  • 信繁の兄

    真田 信幸(通称・信之)

    大泉 洋

    信繁とは対照的な性格ながら深く信頼しあう兄。関ヶ原で東軍につき、信繁と敵味方に分かれてしまう。信州松代藩初代藩主。

  • 信繁の幼なじみ

    きり

    長澤 まさみ

    信繁の生涯のパートナー。真田家重臣・高梨内記の娘。青春時代から大坂の陣まで、信繁の波乱の人生に寄り添い続ける。

  • 信繁の姉

    木村 佳乃

    信繁が終生慕った姉。織田信長の人質となるなど数奇な運命をたどる。

  • 信繁の初恋の相手

    黒木 華

    信繁の初恋の女性。真田の郷の地侍・堀田作兵衛の妹。信繁最初の子を産む。

  • 信繁の母

    高畑 淳子

    公家出身の誇りを忘れない、信繁の母。昌幸の正室。松、信幸、信繁の3人を生み育てた。

  • 信繁の祖母

    とり

    草笛 光子

    偉大な武田信玄の全盛期を知る、信繁の祖母。昌幸を名将に育て上げた戦国のゴッドマザー。

  • 昌幸の弟

    真田 信尹

    栗原 英雄

    昌幸が信頼を寄せる弟。北条家と上杉家の間を渡り歩き、昌幸の謀略を支える。

  • 信幸の妻

    こう

    長野 里美

    信幸の妻で、信繁の義姉。体が弱く病気がちだが、信幸を献身的に支える。

  • 武田家家臣

    小山田 茂誠

    高木 渉

    松の夫で、信繁の義兄。松を深く愛し、憎めない人柄で真田家を盛り立てていく。

  • 真田家家臣

    堀田 作兵衛

    藤本 隆宏

    信繁を慕う地侍。梅の兄。真田の郷の農民たちのリーダーで、大坂の陣には槍(やり)を取って駆けつける。

  • 真田家重臣

    高梨 内記

    中原 丈雄

    きりの父。昌幸の側近として真田家をまとめあげ、信繁の義父となる。高野山幽閉や大坂の陣にも従う。

  • 昌幸の叔父

    矢沢 頼綱

    綾田 俊樹

    武勇に秀でた昌幸の叔父。昌幸に従って数々の合戦で軍功を重ね、昌幸から沼田城を任される。

  • 真田家家臣

    矢沢 三十郎頼幸

    迫田 孝也

    真田を盛り立てる頼綱の息子。真田家の重臣として、信繁、信幸兄弟を献身的に支えていく。

  • 真田家家臣

    佐助

    藤井 隆

    忍び。昌幸に才能を見出され、出浦昌相に鍛えられる。大坂の陣でも、信繁のもとで大活躍する。

  • 真田の郷の村人

    与八

    今野 浩喜

    真田の郷の村人。堀田作兵衛の仕事仲間。

  • 信繁の正室

    春(竹林院)

    松岡 茉優

    豊臣秀吉の重臣である大谷吉継の娘。秀吉の仲立ちで真田信繁の正室となり、嫡男・大助を産む。

  • 信幸の正室

    稲(小松姫)

    吉田 羊

    信幸の正室。徳川家重臣・本多忠勝の娘。政略結婚で真田家に嫁ぐ。関ヶ原で父弟と決別した信幸を気丈に支える。

▲