観光スポット紹介 | 大河ドラマ「西郷どん」 まちめぐりマップ

観光スポット

景観イメージ

なんしゅうおうしゅくえいのあとのひ南洲翁宿営之跡の碑

九州山地を越えた西郷らが吉松に入ったのは8月29日のことで、そこでは山口重保氏の家に宿泊している。その後、鹿児島を目指す西郷らが踊(現在の霧島市牧園町)に入ったのは8月30日の暮れのことであった。その際に逗留したのが前田万兵衛氏の家で、この碑が建つ場所にあった。
周辺に官軍が迫るなかでもあり、この日の深夜には闇夜へ紛れるように出発した。8月31日には、溝辺経由で山田(姶良市)に入り、その麓で一時休憩、その際に腰掛けたという石が残されている。その後蒲生に入り、9月1日の午前3時頃に蒲生を出て城山を目指すことになる。

詳細情報

施設情報
駐車場

なし

アクセス

霧島温泉駅から徒歩すぐ

住所

霧島市牧園町宿窪田169-3

地図でみる
お問い合わせ
前へもどる