観光スポット紹介 | 大河ドラマ「西郷どん」 まちめぐりマップ

観光スポット

景観イメージ

たかくまやまげきせんちあと高熊山激戦地跡

西郷軍の主力部隊が、宮崎方面へと向かう頃に、辺見十郎太を中心とした雷撃隊は、水俣方面から進撃する官軍を迎えるため高熊山を中心にして堡塁を構築した。この山を中心に激戦となったのは6月13日のことで、官軍側はアームストロング砲などを用いて砲火を山頂へと浴びせた。
辺見らは銃弾のみならず、巨石などを転ばせて応戦したが、物量に勝る官軍には勝てずに辺見もこの地を去った。伊佐市には辺見が号泣しながら松の木のもとで、敗れた高熊山を振り返ったという場所もある。また高熊山山頂の巨石には、無数の弾痕跡が残り、戦闘の激しさを物語っている。

詳細情報

施設情報
駐車場

あり

アクセス

栗野ICから車で約45分

住所

伊佐市大口千尾

地図でみる
お問い合わせ
前へもどる