観光スポット紹介 | 大河ドラマ「西郷どん」 まちめぐりマップ

観光スポット

景観イメージ
景観イメージ
景観イメージ

ながのきんざん永野金山

寛永17年(1640年)に発見されてから、薩摩藩の屋台骨として盛衰を経て、昭和28年(1953年)閉山まで約300年間にわたり、金を採掘してきました。
明治45年(1912年)には西郷隆盛と愛加那との子・西郷菊次郎が第2代京都市長を退任した後、永野金山鉱業館長に就任し、金山の近代化に努め、私財で夜学校を開設し、青少年教育にも力を注ぎました。
金山公民館の敷地内には、菊次郎が鉱業館長を退任する際に植栽したと伝わる、「もみじ」が11月下旬から12月上旬くらいまで彩っています。永野金山を散策する際には、ボランティアガイド「さつまガイド」がおススメです。

詳細情報

施設情報
駐車場

10台(無料)

アクセス

横川ICから車で約15分

住所

薩摩郡さつま町永野3681-3(金山公民館)

地図でみる
お問い合わせ

0996-53-1111
(さつま町役場商工観光課)

前へもどる