大河ドラマ館 | 西郷どん紀行 | 大河ドラマ「西郷どん」 まちめぐりマップ

西郷どん紀行

No.9東京都千代田区・港区

写真

東京都千代田区。今は皇居が建つこの地には、かつて政治の中心地・江戸城がありました。日本最大の敷地面積を誇る城で、その雄大な佇(たたず)まいは徳川家の権威を象徴しています。
城の周りには多くの藩邸が建てられ、現在もその面影が地名に残されています。紀尾井坂は幕府の要である紀伊徳川家、尾張徳川家、そして井伊家の屋敷が接していたことからその名が付けられました。
彦根藩35万石を治める井伊家は、代々幕府の要職を務めた名家です。時の藩主・井伊直弼は、やがて幕府を牽引(けんいん)していくことになるのです。
江戸城の南側に位置する港区に、2万2千坪の広大な薩摩屋敷がありました。江戸における薩摩藩の活動拠点であり、島津斉彬もこの地で生まれました。吉之助の新たな生活は、ここから始まったのです。